治療院案内

ごあいさつ

当院のホームページをご覧いただきありがとうございます。
一人でも多くの患者様の症状に対する改善、お客様の健康増進のお手伝いが出来ますよう、患者様・お客様の身にあった治療をしてまいります。

当院では「各種健康保険(国民健康保険・社会保険など)」の取り扱いを行なっております。
詳しくは、当治療院にご連絡下さい。

鍼灸治療(はり治療・お灸治療)は、日本の医療では、代替医療として位置づけられていて、鍼(はり)やお灸の「痛み」や「熱さ」などの刺激を、身体の中の神経(運動神経・知覚神経・自律神経など)を使って、西洋医学(病院治療)の「外科的疾患」だけでなく「内科的疾患」に対しても、患者様の治癒力を増進させ、身体の回復をさせる治療です。

また、「鍼(はり)の痛み」は、注射の痛みよりも痛くありません。痛みに弱い方には、髪の毛より細い鍼を使って、痛みを少なくしています。

一度も鍼(はり)治療を体験してない方が、初めて鍼(はり)を体験すると、ほとんど無痛であることに、驚かれます。
嘘と思われるような方がいらっしゃったら、一度は経験されると良いかと思います。
但し、ご本人の体調の変化や鍼(はり)を刺す身体の部位によっては、痛みがいつもより強く感じることがあります。

「お灸の熱さ」については、ポカポカして温かい「温灸」というお灸があります。また、お灸には、直接肌にすえるお灸や、間接的にすえるお灸があり、直接すえるお灸は熱いです。


棒灸(温灸)です。時間をかけて、ゆっくりと患部を温めます。



灸頭鍼(温灸)です。鍼(はり)を刺した狭い所を温めます。



箱灸(温灸)です。小さい方は、お臍(へそ)への塩灸(温灸・間接灸)用です。大きい方は、広範囲の患部を温める時に用います。





身体の健康・不健康な状態を畑にイメージすると、上記の図のようになります。



鍼灸治療は、代替医療に位置づけられ、身体の神経への刺激により、「筋肉」の収縮・弛緩、「血管」の拡張等の作用があります。



鍼(はり)やお灸の治療を受診されたことがなく、長い間、肩こりなどを患っている方へ、今までの身体の治療手段(病院治療・マッサージなど)のほかに、「鍼灸治療」を病気治療や健康増進の一つとして追加してはいかがですか。

詳しくは、当院にご連絡下さい。